header_signboard
header_bottom_b

2014年10月

本山友理です♪
地元・長崎に帰ってきております! 2014-10-28-13-31-22

国体も終わり、天皇杯も終わり…
夏から続いた試合も、この時期になれば少し落ち着き、一息つける方も多いのではないかなと思います。

かと思えば、チームでは代替わりであったり、新チーム体制になったり…と、休みも多くはなく…ソフトテニスのシーズンは一年中ですね(^^;)

選手の皆さん、怪我などありませんようどうかお気をつけて!
先生方、保護者の皆様も体調を崩されませんように!





さて、前回まで現状維持は衰退への一歩というタイトルを中心に、迷いに対してどう向かうかという内容を書いてきましたが。



今回タイトルにしたのは『逃げていい時』



高校時代を飛び越えて、さらに昔の話になりますが、私は小学生の頃ソフトボールチームに入っていて、男の子の中でプレーしていました。所属している女の子は私と下級生の子の二人だけ。

当時チームメイトの男子はクラスの女子から人気があり、普通に仲良くしている私に良い気持ちがしない上級生グループがいました。(これ以来恋のトラブルは本当に苦手。笑)

そのグループから、練習に行く途中の道で待ち伏せされ、悪口を言われたり、靴を隠される出来事があったんですね。今思えば可愛いもんですが、当時の私からすれば、その嫌がらせはとても辛くて、給食を一切食べられくなった時期もありました。

たぶんいじめられた人にしかわからない感覚だと思うのですが。


頭が真っ白になる感じとか、いじめる人が通った時のばっと汗が出る緊張感とか。また、何か言われるんじゃないかと爆発しそうな心臓とか。凍り付くような不思議な感覚が身体全体を襲うんですね。


私の場合、それ以上エスカレートする事は無かったですが、中学校で校区の学校を選択せず、私立中学への入学を決めた最大の理由はコレでした。

それまで仲が良かった友人たちと離れるのは寂しかったけど、相談する勇気を私は持っていませんでしたから、学校で嫌なことがあってもきっとまた笑顔で「行って来ます」と言ってしまう。同級生にも「大丈夫」と言ってしまう。そんな自分が見えていたから、そうなる前に逃げました。



2013年に全中優勝した領家中学の中村先生がおっしゃっていた言葉が印象に残っています。
「学校は、幸せになることを教える場所です。勉強も友情もテニスも、手段のひとつです。勝つことが『幸せ』になってしまうと、負けたとき何も得るものが無くなってしまう。リスクが大きすぎます。大人が子どもを頑張らせる時は、負けても大丈夫な状態を整えてあげることが大事だと思っています。」


中村先生が言った「負けても大丈夫な状態」とは、勝ち負け以上に大事なことを教えるという意味で使われた言葉だと思いますが、子どもの逃げられる幅をつくっている中村先生にとても感動しました。そして、学校は幸せになることを教える場所であるという言葉は私の心に深く刻まれました。


子どもにとって学校は、絶対的な場所で、その世界がすべてだと思ってしまいます。本当は『行くor行かない』という選択があるのでしょうが、大人の言葉で『行かなければならない場所』になっている。絶対的な場所で、居場所を感じられず「いらない」と言われることはとても苦しいんです。


もし、当時の私のように辛い思いをしている人がいたら、無理して闘わなくていいと言ってあげたい。
逃げることは恥ではなく、ひとつの選択なのだから。

私がソフトテニスを知り、素晴らしい先生と友人に出会い、中村学園に入学するという道が拓けたのは、その中学校だったからです。その出来事が無ければ、手に入っていないものがたくさんあります。


道はひとつではないです。
そして可能性もひとつではない。
自分を信じて、逃げたいときは逃げていい。

忍耐力とは、他人からの攻撃に耐えることではなく、自分の決めた目標に向かい続けることで養われると思います。

大人でも子どもでも。
何に立ち向かい、何を回避するのか。その選択を繰り返していくことで、道は開かれると信じます。

そして、その選択の幅を見せてあげることこそが大人の役割であり、夢を見せることであるのかもしれません。



今日はこの辺で♪

Yuri Motoyama

「現状維持は衰退への一歩」後編です♪

前編記事は、学生の皆さんから反響いただいてるみたいです。ありがとうございます♪

(前編はこちら)
http://yurimotoyama.ldblog.jp/archives/40134560.html


周りにリサーチをかけても、強豪校と呼ばれるチームに特にこの傾向があるように感じます。


現役の皆さんはまだまだ間に合いますから、私と同じような後悔をしないでほしいなと思います。


誰もしていないことをすることは勇気が必要ですが、誰もができることではないからこそ価値がある。


がんばってチャレンジして下さいね!




さて、後編の今回は『リスクを思うと動けなくなる心理』を考えてみたいと思います。


やりたいことはたくさんあっても、それを失敗した時の代償を考えると動けなくなること、ありますよね。



例えば、私がよくあったのは試合中。

デュースのアドバンテージで回ってきたレシーブで、どこに打つか?という選択。


前衛にアタック決め打ちで成功すれば、ゲームがすんなり取れる。

でも、ネットやアウトなどミスをするかもしれないし、相手にポイントされるかもしれない。

「よし、ここは、とりあえず後衛前にレシーブを返してからにしよう。」


というような、攻めの意識が薄い中で返した時に限って、相手にポイントされたりするんですよね。


これこそ、現状を維持しようとしたけどできていない典型だと思うのですが、プレーに限らず、選択に勇気が出ない時、どう考えればいいのか。



勇気をもらった言葉がこれです。


"If you banish the dragons,
you banish the hero."


アンドリュー・ソロモンさんという作家さんの言葉です。

意味は、
『もしあなたがドラゴンを追い払えば、ヒーローも追い払うことになる。』ということ。


つまり、ピンチを回避すれば、ヒーローになるチャンスも失うということです。


私たちは失敗が怖かったり、苦手なことからついつい逃げ出してしまいますが、ピンチから逃げると、ヒーローになれるチャンスも逃している、ということになるわけです。



逆に言えば、ピンチがあるから、ヒーローになれるチャンスがあるんですね。




今、あなたの目の前にある壁はヒーローになるための材料かも。



前向きに進みたいですね♪








さて。
これまで、進めー!進めー!という記事ばかり書いて来てますが…

唯一「逃げていいんだょ」と声をあげたい事があります。





それは『いじめ』から、です。
私の経験も踏まえてまた次回、書きたいなと思います。


今回はこの辺で♪







Yuri Motoyama



東京から車の旅~♪♪
宮城は石巻へ!

2014-10-18-14-32-21


サービスエリアってなんかわくわくしますょねε-(´∀`)5時間の移動もおかけで早く感じます♪♪

2014-10-18-14-37-35



さて、今月は石巻中のみんなとテニスをしてきました(*^^*)

2014-10-19-12-15-26


午前の指導をお願いされたので、
『目標設定を細かく明確にし、達成感を感じてもらう』ということを意識して取り組みました。


達成感は、子どもでも大人でも、とても大事な要素だと思っています。

達成感を味わうことで、自信を持てたり、ポジティブになれたり、と自己肯定感が増えるからです。

でも、達成感を味わうには、
「壁を越えたぞ!」という思いが必要で、そのためには壁を意識的に作り出すことが必要になるわけです。


壁があるからこそ、達成感は味わえる。


でも、その壁は大きすぎると
「できなかった」というネガティブな思考を作り出す原因にもなります。

だから、ポイントは
小さい目標を設定するということ。


始めは全然ストロークが続いていなかった彼女たちだったので、今回は『1時間後に20回続くようにしよう』という目標を設定しました。

アウトボールは止めるルールにしたので「できそうにない…」と自信の無い子が多かったです。でも、ミスをしない意識をあげて基礎練習をしたことで、1時間後にもう一度したストロークで、多くのペアが目標をクリアできました。中には50回近くまでいったペアもいました。


このような経験を重ねることが、
「私はできる」という自信になり、試合にも活かされるメンタルになっていくと思います。

練習ではできるのに、試合になると全然できなくなってしまうというのは、試合を意識した練習ができてないから、ですよね。

練習→ミスをしても次がある
試合→ミスをしたら終わり

この意識の差をわかって、試合に近いメンタルで練習できたものが『質の高い練習』と言えると思います。





自己肯定感が強い人ほど、メンタルコントロールが上手です。

だから、普段から自己肯定感をつくる作業をすることが大切。


①小さな壁を意識的に作る。(課題設定)
②「できた」を積み重ねて、達成感を感じる。(自己肯定感)
③本番で「私はできる」と思える。(自信)



テニスだけじゃなく、夢を叶える過程にも使えると思います。小さな壁を越える作業は、いつの間にか大きな壁を越えてたりします。

気持ちから、勝利を掴みたいですね♪





では、今日はこの辺で♡

本山友理です!

さぁ!国体がいよいよ始まります♪♪

私の地元でもある長崎♪♪
街はこんな感じで盛り上がってますょ!!(*^_^*)

空港ではカウントダウン!※夏に撮影
2014-08-24-11-33-09


国体に向けた、特別スタミナメニューを出す飲食店も♪♪
image


田上長崎市長もPRされてます(^-^)
2014-08-24-11-43-09http://www.nagasaki-kokutai2014.jp/

ちなみに「がんばらんば」とは…

「がんばらないといけない」みたいな意味で励ましの時に使います♪♪


「がんばらんばょ〜!」とか
「がんばらんばいかんたぃ!」とか

こんな感じで使います。笑
私はおばあちゃんによく言われますね♪






さて、今年の年明けに強化練習会を見学に行かせて頂きました♪♪いつもご協力してくださる長崎精道三川台の川上先生と大場先生♪♪本当にありがとうございます♪♪
2014-01-05-13-19-16



運営に携わられている長崎工業高校の大槻範和先生。
「ソフトテニス競技が行われる佐世保会場は、コートの並びを変え、面数を増やしスタンドを増築。ナイターも全面に完備しました。」
2014-01-05-13-25-33
こういったサポートがあるからこそ、大会は行われていくんですね!



ここからは地元選手を紹介☆

楠本賢太選手(西陵高校)
「長崎県でひとつになり、チームで向かっていって日本一を目指したいです!」
2014-01-05-12-43-28



奥野果歩選手(大村高校)は
「地元国体なので、応援の人たちもたくさん来てくれると思います。緊張も楽しみたいです。」
2014-01-05-12-23-24


細田真一選手は
「長崎には異国情緒溢れる場所や美味しい食べ物がたくさんあるので、ぜひ楽しんで行ってもらいたいです。」
2014-01-05-13-03-10


長崎強化メンバー♪少年男子♪
2014-01-05-12-43-14


少年女子♪
2014-01-05-12-22-47


成年男子♪
2014-01-05-13-02-56



皆さん、地元での開催を心待ちにしてました♪台風の影響もあり、心配されましたが、今日から無事始まるとのこと!



今年はどこが優勝するのか?!
楽しみですね☆☆☆

残念ながら…私はソフトテニスの日程に間に合わず…会場には行けないのですが、昨年のようにレポートもできずすみません…うぅ…あと数日で間に合ったんですが、悔しい(>_<)

でも遠くから応援しています!!!



選手の皆さん!
がんばってください!!
がんばらんばょ〜♡




会場URL
http://www.city.sasebo.nagasaki.jp/www/contents/1375063064456/index.html

〜昨年の東京国体の模様〜
成年男子決勝レポート♪
http://yurimotoyama.ldblog.jp/archives/32891932.html



このページのトップヘ