今日はスポーツに携わる面々で
女子バスケWリーグの試合を応援に!

画像1


中央が羽田ヴィッキーズの聡子さん☆
その他、ラグビー選手、バスケ選手、水泳選手、陸上選手、さらにメーカーさんなどなど(^^)♪ 元々選手で活躍されていた方々とご一緒させてもらいました♡

画像1


画像1


バスケットがテニスと絶対的に違うのは
時間が決まっているということと
プレー中に身体の接触があるということ。


残り何分、何秒…!という迫る時間は
緊迫感を生みますし、見ていてドキドキします。どれだけ流れや勢いが良くなってきていても、時間がくれば終わってしまう。

考えてみれば、点を取って終わるスポーツはテニス、バドミントン、卓球、バレー…あたりでしょうか?あとは、ほとんど時間で区切られる競技が多いですね。

頑張れば頑張った分、長く試合をできるスポーツって幸せだな、なんて思いました。




試合観戦後、みんなで打ち上げに行きました。その中でもタイムスポーツ(陸上、水泳)をしている人と点取りのスポーツをしている人とでは、考え方の差を感じました。

例えば
どれだけ実力さがあっても、何が起こるか分からない!と考えている球技と、

試合までにもう結果は決まっている、今まで練習で出してきているタイムでほぼ分かっている、という水泳・陸上の人の考え方。

自分の実力が数字に表れ、0.01のタイムを縮めて向き合おうとする世界。
本当にシビアです。



そして、バスケやラグビー、サッカーなど身体の接触があるスポーツは、選手にとっていつ大怪我をするか分からない怖さがありますよね。身体のメンテナンスとトレーニングは必要不可欠で、食べ物に対してもものすごく気を使うそう。


テニスは接触が無いですから、そういう意味では守られたスポーツだし、生涯スポーツとして確立していける可能性は大きい。それに、下克上が起こりやすいのも、ひとつの魅力なのかなと思いました。









ここからはおまけ…♪♪

中村学園の先輩である
藤吉佐緒里にお会いできました♡

シャンソンVマジックのエース!

画像1


可愛くて優しい、大好きな先輩です♪
大人になってもこうして会えるなんて、本当に感激!

どんな競技でも、頑張っている選手をみんな応援したい!これが私のモチベーション♪

先輩のことも女子バスケットの事も応援していきたいですね☆