「現状維持は衰退への一歩」後編です♪

前編記事は、学生の皆さんから反響いただいてるみたいです。ありがとうございます♪

(前編はこちら)
http://yurimotoyama.ldblog.jp/archives/40134560.html


周りにリサーチをかけても、強豪校と呼ばれるチームに特にこの傾向があるように感じます。


現役の皆さんはまだまだ間に合いますから、私と同じような後悔をしないでほしいなと思います。


誰もしていないことをすることは勇気が必要ですが、誰もができることではないからこそ価値がある。


がんばってチャレンジして下さいね!




さて、後編の今回は『リスクを思うと動けなくなる心理』を考えてみたいと思います。


やりたいことはたくさんあっても、それを失敗した時の代償を考えると動けなくなること、ありますよね。



例えば、私がよくあったのは試合中。

デュースのアドバンテージで回ってきたレシーブで、どこに打つか?という選択。


前衛にアタック決め打ちで成功すれば、ゲームがすんなり取れる。

でも、ネットやアウトなどミスをするかもしれないし、相手にポイントされるかもしれない。

「よし、ここは、とりあえず後衛前にレシーブを返してからにしよう。」


というような、攻めの意識が薄い中で返した時に限って、相手にポイントされたりするんですよね。


これこそ、現状を維持しようとしたけどできていない典型だと思うのですが、プレーに限らず、選択に勇気が出ない時、どう考えればいいのか。



勇気をもらった言葉がこれです。


"If you banish the dragons,
you banish the hero."


アンドリュー・ソロモンさんという作家さんの言葉です。

意味は、
『もしあなたがドラゴンを追い払えば、ヒーローも追い払うことになる。』ということ。


つまり、ピンチを回避すれば、ヒーローになるチャンスも失うということです。


私たちは失敗が怖かったり、苦手なことからついつい逃げ出してしまいますが、ピンチから逃げると、ヒーローになれるチャンスも逃している、ということになるわけです。



逆に言えば、ピンチがあるから、ヒーローになれるチャンスがあるんですね。




今、あなたの目の前にある壁はヒーローになるための材料かも。



前向きに進みたいですね♪








さて。
これまで、進めー!進めー!という記事ばかり書いて来てますが…

唯一「逃げていいんだょ」と声をあげたい事があります。





それは『いじめ』から、です。
私の経験も踏まえてまた次回、書きたいなと思います。


今回はこの辺で♪







Yuri Motoyama